アーティスト

Vaundyの歌い手時代にフォーカス!魅力や人物像についても!

Vaundy歌い手時代アイキャッチ画像

皆さんはVaundyさんというアーティストをご存知でしょうか?

最近よく曲を耳にして気になっていたので、Vaundyさんの歌い手時代をリサーチしました。

 

Vaundyさんがなぜ売れたのか?その魅力や人物像についてもお伝えします。

この記事を読めば、大人気アーティストVaundyさんの歌い手時代に詳しくなれますよ~

 

この記事で分かること

  • Vaundyの歌い手時代ってどんなの?
  • Vaundyが売れてる理由と魅力について
  • Vaundyってどんな人?

Vaundyの歌い手時代

今最も注目されているアーティスト、Vaundyさんの歌い手時代を紹介する前に…

Vaundyさんのプロフィールについて見ていきましょう♪

 

そもそもVaundyさんって何て読むの?と密かに思っている方もいるのではないでしょうか。

Vaundyさんの読み方はバウンディ、美術系の大学に通いながら音楽活動する、22歳の大学生です。

作詞、作曲、編曲だけでなく、デザインや映像のディレクションまで手掛けるマルチアーティスト

 

そんなVaundyさんの歌い手時代は、かなり早い時期から才能が開花することに。

Vaundyさんは中学生の頃から作曲を始め、高校生になるとニコニコ動画に活躍の場を広げました。

 

Vaundyさんの歌い手時代は、2019年6月にYouTubeに初の楽曲「pain」のミュージックビデオを投稿したのが始まり。

その3ヶ月後の9月に発表した「東京フラッシュ」は、なんと2ヶ月で100万再生を超える人気っぷり!

以降に発表した楽曲もドラマの主題歌や、NHK大河ドラマのインスパイアードソングに使用されるなど、活躍の場は広がるばかり。

 

Vaundyさんの歌い手時代はますます加速し、あっという間に大きな箱でライブをするまでになりました。

2022年9月に行われた日本武道館での2日間に渡る単独公演では、なんと2万6000人を動員、チケットは即日完売

2023年には大規模ホールツアーや5大都市アリーナツアーも計画中なので、今後の活躍がますます楽しみですね。

 

わずか3年で人気アーティストの座に登り詰めたVaundyさんの歌い手時代は、いまだ勢いが衰えることを知りません。

Vaundyはなぜ売れた?その魅力とは?

手をつなぐ人たちとはてなマーク

それではVaundyさんはなぜ売れたのか?その理由が気になる方も多いと思います。

Vaundyはなぜ売れた?その理由と魅力①天性の歌声

Vaundyさんがなぜ売れたのか、その理由の一つは誰にもマネできない独特の歌声ではないでしょうか。

Vaundyさんの声は一度聴くとクセになり、何度も聴きたいと思わせる天性の声の持ち主と言われています。

 

楽曲も様々なジャンルを取り入れており、そのセンスの良さからティーン世代を中心に、爆発的人気に!

影響を受けたアーティストは特にいないそうですが、日本独自であるアニメソングが好きとのこと。

ドラマやアニメとのコラボ曲も多いので、Vaundyさんの名前は知らなくても、曲は耳にしたことがある方も多いのでは?

 

Vaundyはなぜ売れた?その理由と魅力②セルフプロデュース

Vaundyさんは作詞、作曲、編曲から映像制作まで全て自身で行う、セルフプロデュースのできるアーティストです。

それはつまり他者を通すことなく自分の世界観を表現できるので、Vaundyさんの楽曲はぶれないという強みがあります。

 

さらに、マルチアーティストでもあるので、今後どんな作品が生み出されるのか、無限大の可能性と楽しみがありますよね。

セルフプロデュースから生み出される独特の世界観こそ、Vaundyさんがなぜ売れたかの理由の一つではないでしょうか。

Vaundyはなぜ売れた?その理由と魅力③曲の多様性

Vaundyさんはジャンルにこだわらず楽曲を作っているので、その曲の多様性が魅力でもあります。

ほんとに同じ人が作ったの!?っていうくらい、曲によって雰囲気が全然違いますよね。

 

代表曲「東京フラッシュ」のようなシティポップもあれば、「不可幸力」のようなヒップホップ調の曲もあったり。

他にも、現代社会への風刺や皮肉をこめた歌詞が若者たちの共感を呼び、人気を博しています。

このような様々な理由から、Vaundyさんは売れまくるアーティストとなったのではないでしょうか。

Vaundyの人物像

続いて、Vaundyさんはどんな人なのか?その人物像を見ていきたいと思います。

まず、Vaundyさんという名前の由来は、中学生の頃のニックネームが由来になっているそう。

 

自身に向かってきた人とぶつかった際に、壁に跳ね返える仕草をしたことから、このニックネームに。

壁に当たったボールが跳ね返ってくるバウンドボールに例えられたんでしょうか。

Bound→Baundy→Vaundyへと変化していったみたい。

 

Vaundyさんと言えば、天然パーマでゆるふわの明るい色の髪と、ちょっとぽっちゃり体型が印象的です。

アップテンポでシャープな印象の楽曲が多いので、そのイメージとのギャップが大きいかもしれませんね。

 

美術系の大学に通っているだけあって、絵を描くのもとても上手です。

 

3Dプリンターを購入して作品を作るなど、好奇心旺盛で新しいことにどんどん挑戦していくタイプのVaundyさん。

 

どんな楽曲が売れるのかコードを研究するなど、勉強熱心なことでも有名です。

さらに、高校生の頃にはボーカリスト養成学校「音楽塾ヴォイス」に通うなど、努力家の一面もあります。

 

Vaundyさんがどんな人か気になっていましたが、天性の才能におごらず、進化しつづけるアーティストだと分かりました。

Vaundyの歌い手時代にフォーカス!魅力や人物像についても!:まとめ

今回は人気沸騰中のアーティストVaundyさんの歌い手時代にフォーカスしてみました。

Vaundyさんは中学時代から音楽活動を始め、2019年からYouTubeにアップしたミュージックビデオの再生回数は100万回超えが多数!

 

作詞、作曲、編曲、映像制作まで手掛けるマルチアーティストで、楽曲はドラマの主題歌に起用されるなど人気絶好調です。

そんなVaundyさんの魅力は、天性の歌声、セルフプロデュース、曲の多様性の3つが大きいと思います。

 

美術系の大学に通いながら芸術的センスを磨き、好奇心旺盛に物事に取り組む姿が、多くの若者を魅了する音楽の原点となっているのかも。

これからどんな音楽を生み出すのか全く予想できませんが、今後のVaundyさんの活躍にますます目が離せませんね♪

-アーティスト